詩人・佐川亜紀さんから、詩とメッセ―ジが届きました。

佐川亜紀  参加の詩とメッセージ

 

約束      

 

星の長い小指と

約束しました

地球が生きていけるように

地球で生きていけるように

闇の黒い紙に書きました

シジュウカラの羽で

馬のひずめで

牛の乳で

草の汁で

人の言葉で

日本語で

さまざまな言語で

 

放射性物質の針千本が突き刺さる

人に

山にも 海にも 子供にも

約束を破った大人

生命の約束を

国の約束を

これ以上 破ってはなりません

その言葉は

もっと遠くから来たのです

もっと広く集めたのです

ずっと昔から渡されたのです

ずっと未来から届いたのです

私達の中から生れたのです

私達の祈りを記したのです

平和への願いを

消してはなりません

アジアの地にたくさんの指の骨が

見つからないまま埋まっています

 

 

ただいま 戦中

 

 

すでに戦中

逆らう口はふさがれ

海を基地から守る手は踏みつけられ

地の力をおそれ原発をやめる知は隠され

 

戦争を戦争と言わない戦中

すぐに戦争が真ん中に来る

すっと世界の戦争に引きずりこまれる

すてきな戦争に飾られる

すでにイラク戦争の帰還隊員に犠牲者は出ている

隠された犠牲者

これから神々しくなる犠牲者

 

言葉の意味がどんどんねじ曲げられ

ねじ曲がった道路を ねじ曲がったルールで暴走し

首がねじ曲がってちぎれそう

 

ただいま 戦中1年目になりそう

おかえり 戦中

戦中でうれしい人もいる

戦中に死なず 名誉の死も遂げず

70年間戦後を生きて肥えて

やっと 戦中 お祖父さんと同じ

 

ただいま 戦中

ゲームや アニメみたい

でも 君の頬を流れるのは君の涙

君の心臓を動かすのは君のしょっぱい血だ

 

※日本の根本がまったく変わってしまう安保法案が、あまりにも拙速に決ろうとしています。若者だけでなく、最近の無人機やロボットの開発で女性や高齢者も容易に戦争に加担する時代が来ました。日清、日露戦争から始まる先の戦争はアジア侵略戦争であり、朝鮮を帝国主義支配しました。その反省からアジアとの友好を築こうとしたのが戦後日本の知性であったはずです。沖縄県民は本土と同じ憲法のもと、人権と生命を保障されるのが当然であり、基地集中が恒常化しているのが当然なのではありません。列島全体が地震と火山が活発化する時期に入ったのに原発を再稼働するのは極めて危険と感じます。福島原発事故で避難された方々の苦難が共有されていません。戦争より、暮らしと安全を真剣に求めてほしいです。詩は微力ですが、言葉がこれだけねじ曲げられている事態は恐ろしく、安保法案に反対し、言葉と歴史を再度よく考えるよう願います。